インターネットはケーズデンキ以外で申し込もう!

ケーズデンキでネットを申し込んではいけない!?

インターネット接続会社はどこが良いのかな??どこから申し込もうかな?
と迷っている方に是非読んでいただきたいサイトです。

 

新しくパソコンを購入したとき、ケーズデンキなどの家電量販店では、同時にインターネットも申し込みませんか?と勧誘されることがよくあるでしょう。
大抵の場合、ケーズデンキとは別の、他の代理店経由で申し込んだほうが、キャンペーン内容が豪華だったりします。こちらで紹介している代理店と、ケーズデンキなどの家電量販店と比較してみれば一目瞭然です。

 

どこから申し込んでも同じインターネットなので、せっかくならお得な代理店から申し込んでおきたいですよね。
1万円とか数万円の差が付くことも少なくありませんから。

 

 

どのサービスを申し込むか?によって、おすすめの代理店も違います!

 

自宅でインターネットを使いたい場合、今は携帯電話と同じグループ会社のサービスと契約するのがおすすめです。
なぜなら、「自宅インターネット」と「スマホ」をセットで利用することで「セット割引」が使えて、通信料金が安くなるからです。まずはどのインターネットサービスを申し込むかを決めましょう。

 

ソフトバンク携帯の場合

おすすめは、いわずもがな、Softbank光です。
スマート値引き(すまね)携帯料金が、毎月、家族分もかなり安くなります。

 

>ソフトバンク光の申込ページはこちら

 

au携帯の場合

おすすめは、auひかりです。
auスマートバリュー携帯料金が、毎月、家族分も含めてかなり安くなります。
また、下記の代理店であれば、プロバイダーをSonetにすることで40000円ものキャッシュバックをゲットできます。
※ひかり電話が不要な場合は33000円バック(業界最高値)。
>auひかりの申込ページはこちら

 

ただ、ネックなのはauひかりは提供エリアが狭かったりします。地方のマンションとかは使えない場合もあります。
auひかりがエリア外で使えない場合はSonet光で、「auセット割」という割引がおすすめです。 
>So-net光の申込ページはこちら

 

ドコモ携帯の場合

同じNTT系列のフレッツ光がおすすめです。
>フレッツ光の申込ページはこちら
ドコモ光でもよいですが、キャッシュバックキャンペーンが無いのが残念。フレッツ光であれば、10000円〜20000円のキャッシュバックが魅力的です。

 

スマホを使っていない場合

 

 

 

インターネット回線に加入しようとするならケーズホールディングスを中心とした家電量販店業界の店舗契約したいとお思いなら、やめたほうが出費が抑えられて良いです。その理由としては、ビックカメラのからくりとして、ビデオサービス無線LANシステムなど小さな有料オプションがセットとなっている場合があるから止めたほうが良いでしょう。お得な返金制度あり!といううたい文句で見込み客たちを集めるのが一般的なやりかたですが、オプションだらけになってしまい、結局どうなるかと言うと合算した支払い金額は、高くなってコスト増になるのが見えています。

 

よって、インターネット回線を利用しようと決めている時なんかは、家電量販店以外のサイトの申込ページから受付する事が無難でしょう。人が集まるようなところでぽつんと立っているケータイ販売店のキャッシュバック金額は10万円以上もある!みたいなPRもありますが、一般的にはオプションを多く、申し込まないといけないんです。
インターネット回線が月額費用が安いから契約したのに、最後には、月額の通信費用が大幅アップしてしまい意味が分からないといったことが少なくないとのことです。

 

 

キャッシュバックなどキャンペーンにも差があります

 

 

auひかりの場合

 

 

auひかりを契約するなら、キャンペーン内容が一番高い正規代理店から申し込むことがおすすめだと思います。よくよく見てみると、企業によって受け取れるキャンペーンが大きく異なりますので、どこの代理店が最もおすすめなのか、ちゃんと比較してから申請するようにしたほうが良いでしょう。

 

最も知っておくべきなのが、ヨドバシカメラなどのゆうめいどころのキャッシュバックです。ほとんどの店舗の場合がだいたい1万円だったりします。

 

対照的に、主にホームページで集客している、いわゆるネット代理店の方がキャッシュバック特典が高額なのがポイントです。どこよりもキャッシュバック特典が大きい代理店であれば、独自キャンペーンの分だけ見ても20,000円キャッシュバックという金額になります。

 

プロバイダー側のキャンペーン特典と併用すると有料オプションなどつけなくても計4万円を確実に得られる場合も多いです。

 

ですので、auのインターネットの契約をするのなら、ケーズデンキやヨドバシカメラなどの総合家電量販店で申し込むよりもネット代理店経由で契約するようにしましょう。

 

もう1点あるのですが、普通のauショップやau公式サイトなどから申し込むのも実はおススメではないです。どうしてかと言うと、ネット代理店で申込んだ場合は、auひかり公式のキャンペーンにプラスして、代理店が独自でやっているキャンペーン特典も獲得できる一方で、auひかりの公式サイトの場合は、公式の万人共通のキャンペーンだけしかもらうことが出来ないからです。

 

 

auひかりのおすすめ代理店はNNコミュニケーションズ

 

 

auひかりをどの代理店で申し込むかを決定する時に考慮しておくべきことはキャンペーン内容はもちろんですが、キャンペーンの手続き方法に関してもしっかりと明らかにしておくべきです。強調したいのですが、ほとんど全てのau代理店がキャンペーン申請方法を無駄に難しいものにしてキャッシュバックが手に入らないと言う問題がよくあるからです。

 

良くあるケースがキャンペーンをもらえる申請時期が1年経ってからというように定めることでキャンペーン特典があったことを記憶から無くしてしまう店舗も多数存在します。また、手続きの方法としてキャンペーン特典を申請する時にアンケートやメールなどに回答したあと、二度手間なのに書類が送られてきて無駄に多い手続きを決められた期間にやらないといけません。

 

このやり取りの中で万が一間違いがあった場合キャンペーンをゲットできないというように厳格な仕組みを細かく決めているのです。現在までは多数の企画において、先に述べたような分かりにくい請求方法を通常行っていましたが、業界を変えようとまだ1社ですがまともなキャンペーン企画が頭角を出してきました。

 

その代理店が株式会社NNコミュニケーションズという会社です。この代理店は、特典を受け取ることができる率が100%のauひかり代理店です。

 

なぜ評判が良いかというと、auひかりキャンペーンの申込後に電話対応の時にキャッシュバックの振込先の銀行口座を伝えればそれで全ての手続きが終わりなので、これ以上のやり取りが、全然必要ないんです。
auの特典を申し込もうと思っている人は、キャッシュバックが高くて、申請にかかる手間も一番分かりやすくて忘れる恐れが絶対にない株式会社NNコミュニケーションズの評判が良いのです。

 

 

>NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトを確認してみる

 

 

 

 

ソフトバンク携帯の場合

ソフトバンク光の場合は、キャッシュバック特典などのキャンペーンは実施していませんので、公式サイトが無難でおすすめです。
スマート値引き(スマネ)携帯料金が、毎月、家族分もかなり安くなります。

 

>ソフトバンク光の申込ページはこちら

 

高額キャッシュバックがほしいという場合はMひかりが良いでしょう。

 

 

 

 

相互リンク
インターネット ヨドバシカメラ
インターネット ヤマダ電機
インターネット ジョーシンデンキ
インターネット エディオン
インターネット ビックカメラ